自家製酵母

*すべてのパンが 「自家製酵母」パン です。
  
  レーズンからおこす、甘酸っぱい 「レーズン種」
  
  ご飯と米麹からおこす、芳醇な香りの 「酒種」
  
  ライ麦粉からおこす、酸味のある 「サワー種」


これらを使って色々なパンを焼いています・・・
f0250212_713676.jpg

・レーズン種・

一年中手に入り、甘みが強いレーズンはパン種を作るのに最適!
レーズンと水だけなのに適度な温度を与えると、どんどんぷくぷく発酵して、どっしりとしたハード系のパンを力強く膨らませてくれます。
トリゴのハード系のパンをはじめ大部分で活躍しています。


・酒種・

木村屋総本店の開祖・木村安兵衛さんが明治8年に日本酒の作り方からヒントを得て、酒種あんパンを作ったのが始まりだそうです。 
酒種は糖分が多く発酵しずらい菓子パンの生地を、発酵させしっとりと仕上げてくれます。
米麹の独特な香りがほんのりとします。
お酒になるほどの発酵はさせないので、「酒」の字をみて車の運転など心配しなくて大丈夫ですよ(^。^)
トリゴでは菓子パンはもちろん、砂糖不使用のベーグルにも使ってみてます。
ベーグルはレーズン種では出せない、表面の薄くパリッとした感じとキメの細かい生地が楽しめます。


・サワー種・

サワー種は、トリゴでは唯一のライ麦パンに使っています。サワー種だけを単体で嗅ぐと・・・ツンッとした慣れていないと「ナンだこりゃ~(>M<)」と・・・結構強烈な香りがします。(慣れるととてもいい発酵の香りです)そんなサワー種ですが(^^;)
ライ麦の多く入ったパンは酸味が程よく入ると、とてもおいしいのです。
たま~になのですがサンドイッチにしている時があるので、サワー種の入ったライ麦パンを気軽に試すチャンスかもしれませんね♪
by panaderia-trigo | 2013-02-09 22:50 | トリゴのパンは・・・ | Comments(0)
<< こだわり原材料 店舗情報** >>