<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

とかち小麦ツアーのご報告☆

7/12~7/14の十勝小麦ツアー、パンショクニンが参加しました。
お休みをいただきありがとうございます。
初夏の北海道はとても涼しくて、こちらの蒸し暑さとは別世界。
収穫を待つ小麦畑が見渡す限り広がっていました。
収穫された小麦は一部小麦ヌーヴォーとして、9月の下旬に解禁となり、新麦パンになって登場します!(通常小麦は収穫されてから流通するまでに半年程かかるそうです。)
もちろんトリゴでも挑戦しますよ~新麦パン。
f0250212_21054619.jpg
f0250212_21042438.jpg
この畑は無農薬のライ麦畑。
現在、トリゴでは海外産のオーガニックライ麦を使っていますが、いつか国産を使えたらいいなと思っています。

f0250212_21120340.jpg
こちらは北海道農業研究センターの試験場。
小麦の病気をまいて、耐性を調査してるそうです。
列ごとに違う品種の小麦で、元気に青々している列のものが耐性があり育っているということ。
よりよい品種(病気に強い・収量が多い・味がよい など)を作るために研究されています。
新品種が出来上がるまでに10~20年。かなりの時間がかかります。
このことを聞いたとき「北海道でもそんなにかかるの?!」と思ったのです。
以前お邪魔した、福山市にある西日本農業研究センターでも言われていたので。→「農業研究センターにお邪魔してきました」
10年?15年くらい前は確かに国産小麦の種類は少なく、最近とても多くなってきたと感じます。
それだけでなく、品質も安定していて「国産小麦はパンにならない!」という常識は今はもう覆されてますね~

f0250212_21112046.jpg
パンに欠かせないチーズ♪共働学舎さんのナチュラルチーズです。
牛も飼育されていて牛乳を搾るところから、丁寧に手作りされています。
以前から知っていて好きだったのですが、今回はいっぺんに色々試食できて大満足☆
十勝では人口より牛のほうが多いそうです!びっくり!!
f0250212_21224850.jpg
十勝産小麦を100%使ったパンを焼く風土火水(ふうどかすい)さん。
小麦の産地にあるとはうらやましい限り!しかも半分ちかくの粉はオーガニックなのだそう!
石窯を使い、天然酵母でハードなパンもたくさん焼いています。
営業中にお邪魔したにもかかわらず合間をみて色々教えてくださり勉強になりました。
おみやげに買って行ったのですが3日くらいたってもパサつかず、これは石窯の力なのか?小麦?酵母?水?
トリゴまだまだです。。。いや、伸びしろはあるっ!現状に満足せずパンを焼いていきたいと思いました。

今回、小麦を作っている生産者さんたちとも交流があったのですが、
このような広く肥沃な土地で小麦に適した環境の中でも色々な苦労があり、よい品質のものを作ろうと頑張っていることがわかりました。
研究センターで何年にも渡って作られた小麦の粒を、農家さんで大切に育てられ、製粉会社で厳しい品質チェックの上、製粉された粉が、卸売り会社を通して私達パン屋の元に届きます。
そして最終的にパンを焼いてお客さまのもとへ。
言葉で言うと簡単な感じだし、頭では分かっているようなことだけれども、改めて考えてみるとすごいリレーなんだなと思ったのでした。


毎日大量の小麦粉を使うパン屋ですがなかなか畑までいってみる機会はなく、この粉に関わる人のことなど頭にない忙しい毎日でしたが、これからは頭の片隅にいつも浮かんでくることと思います。
このような機会を与えてくれた製粉会社のアグリシステムさんにも感謝します。
ありがとうございました!!

この旅は終わりましたが、新しく使いたい粉も発見。また試行錯誤という新しい(放浪の?)旅が始まります~
とにかく、おいしいパンをお届けできるようにがんばります!


by panaderia-trigo | 2016-07-19 16:53 | 日々・あれこれ | Comments(0)

パンのお供☆ オイルサーディン

暑い。
この一言に尽きます。
そして、パン屋はヒマになります・・・

せっかくなので~
そのヒマを有効利用!!

以前、お客さまが教えてくれた「オイルサーディン」を作ることに♪

①新鮮・激安な小いわしを買ってきて~
②頭と内臓を取って、
③3%くらいの塩水できれいにして
④10%の塩水に1時間つけます

f0250212_14364256.jpg
⑤よ~く水分をふき取って
⑥ひたひたのオリーブオイルにニンニクスライス、黒こしょう粒、ローリエ、唐辛子を入れて1時間くらい煮ました。
f0250212_14380451.jpg
完成!!

そのまま食べてもおいしいけど・・・

フライパンでこんがり焼いたカンパーニュにスライス玉ねぎ+オイルサーディン+オリーブオイル+レモン汁+パセリ
でさっぱりタルティーヌ(オープンサンド)
f0250212_14365244.jpg
意外とかんたーん♪そしておいしい~!

by panaderia-trigo | 2016-07-06 15:36 | 日々・あれこれ | Comments(0)

実り♪

7月に入りました~
今日はいきなり暑いっ
暑いor雨が降っているかの今日この頃。

ですが!

ちょっといいこと見つけちゃいました☆ムフフ

f0250212_14081967.jpg
トリゴの出入り口にあるオリーブの木に、実がなりました!!
カワイイ♪
トリゴオープンから3年半。初の実り。
植木屋さんからオープンの記念に買ってきてから、(その時は実がすでについていた形跡(枯れた実)があったのに!)一度も実を付けず・・・
横にある看板を立てるときに場所を移動すれば葉が全部枯れ・・・(また場所を戻したら生き返った!)
道路際でストレスが大きいかぁ~?と・・・あきらめてました。

少し前に花が咲いてたはずなんですが、あまり覚えてない(**;)ゴメンネ
そういえばちっちゃい白い花が咲いてたような??

まだまだ前途多難だろうけど、無事に大きくなって欲しいな~

トリゴもがんばろ~
実りある年にしよう!と思います!

半年過ぎちゃいましたが・・・

ん、まぁ~そんなことは気にせず(笑)



7月は12日~15日に北海道研修旅行のためお休みをいただきます!

パンショクニンが製粉会社さん(アグリシステム)の企画する「とかち小麦ヌーヴォー」というイベントの一環として「とかち小麦ツアー」に参加します。
「とかち小麦ヌーヴォー」というのは北海道の農家さんが作った獲れたて小麦→アグリシステムさんが製粉→全国のパン屋さん→お客さまへ!!
新麦を味わおう♪という企画です。

普通は毎年作られた小麦はお米のように「新米」とか「古米」という区別は特にありません。
ずっと粉を扱ってるとなんか感じが違うな、と感覚でパンショクニンは分かるみたいですが・・・
品質は製粉会社で一定に保たれていて全然違う!!ということはないように思います。

でも、やっぱり風味とか違うらしい。
それならやっぱりパン屋としても改めて味わってみないと・・・

ヌーヴォー小麦のパン解禁日は9月後半!→またお知らせします!大々的に(笑)

今度パンショクニンが十勝で見てくる、農家さんが大切に育てた小麦畑の小麦が、製粉会社さんで粉となって、トリゴに!!
そしてトリゴでパンとなって色々な人に食べてもらう。
ちょっと大げさだけど、すごいなぁ~当たり前のことなんですが。

北海道は中々遠くて行けないけれど、小麦粉はパン屋でなくてはならないもの!!
この機会に色々見てきます。

また帰ってきたら、トリゴ店内で。このブログで。報告できたらと思います。
よろしくお願いします!!









by panaderia-trigo | 2016-07-01 16:00 | 日々・あれこれ | Comments(0)